アトム接骨院
治療案内交通事故治療スポーツ外傷・障害巻き爪治療患者様の声アクセス・駐車場

治療案内
 
 
 
 
 
 
 
交通事故治療
 
 
 
スポーツ外傷・障害の治療
 
 
 
 
設備案内
患者様の声
アトム接骨院の紹介
 
 
 
スタッフブログ
よくある質問
スタッフ募集
交通事故治療相談室
巻き爪でお悩みなら
リフレクソロジー 
ファイスブック
モバイル
リンク集

交通事故提携法律事務所

膝や足首まわりのスポーツ障害は
練習量の増加や内容の変化、偏平足やO客といった要因などさまざまな事柄が
関係しますが、いずれにしろよく発生しやすい場所といえます

膝だったらジャンパー膝や腸脛靭帯炎、
すねの方だとシンスプリント、
足首のまわりではアキレス腱炎や腓骨筋・後脛骨筋腱の炎症

小学生から高校生につれ、成長痛である
踵骨骨端炎(セイバー病)や外脛骨、オスグット・シュラッター病など
その病態はさまざま

アトム接骨院では丁寧な診察で痛みの原因をつきとめ
適切な治療とリハビリで競技復帰を完全サポートします

特に原因不明な痛みは心配になりますよね?
痛みが気になったらぜひ一度ご相談ください
 
 
   

膝の靭帯損傷
前十字靭帯・後十字靭帯・内側側副靭帯・外側側副靭帯損傷


膝には前十字靭帯・後十字靭帯・内側側副靭帯・外側側副靭帯といった
4本の靭帯があります。
これらの靭帯に大きな外力が作用し、損傷が起きてしまいます。
損傷頻度は内側側副靭帯と前十字靭帯に多く、後十字靭帯は時にみられ、
外側側副靭帯が切れることは非常にまれです。

発生しやすいスポーツ種目は、バスケットボール、サッカー、ラグビー、スキー、
バレーボールなど
で、コンタクトスポーツに限らず着地や切り返し動作でも
起こります。
また、膝を強く地面などに衝いた際にも発生します。

靭帯損傷に半月板損傷や骨軟骨損傷を合併することがあります、
きちんと治療をせず膝が不安定なまま放置してスポーツを続けると、
膝に水がたまったり(関節水腫)、 二次的に半月板が切れたり、
膝の不安定性が残り膝くずれを起こしたり、
変形性膝関節症に移行したりします。

前十字靭帯損傷は切れた時に「バシッ」という音を聞くことがあり、
関節が腫れ、激痛を感じます。

膝の靭帯損傷の症状

膝関節が腫れ、激痛を感じます。
断裂の際には、「バシッ」という音が聞こえる場合があります。
きちんと治療しないと膝の不安定性が残り膝くずれを起こしたり、

変形性膝関節症に原因になったりします。


膝の靭帯損傷の対処

膝の靭帯損傷を起こした時はただちにRICE処置を行います。
(安静にする。アイシングをする。包帯等で圧迫。心臓より高く挙げる)
それからかならず病院、接骨院・整骨院を受診します。


膝の靭帯損傷の治療法

治療は膝関節が動かないようにギブスなどで固定をする必要があります。
低周波治療、超音波治療、ソーマダイン(微弱電流治療器)などを
組み合わせながら痛み、腫れなどを除去していきます。
その後、サポーター装着で経過を見つつリハビリで筋力トレーニングを行います。 




(成長痛)
成長期の小学生高学年から中学生で、
部活やクラブなど運動をしている子におこります


ひざ下の部分の骨(脛骨粗面)に走ったり跳んだりなどの動作時や
押すと強い痛みが出ます。

オスグッド・シュラッター病(成長痛)の症状

オスグット・シュラッター病には、大腿四頭筋といわれる 太腿の前側の
筋肉が関係しています
大腿四頭筋は膝のお皿を通り越し、ひざ下の部分の骨(脛骨粗面)に
繋がります。
大腿四頭筋は膝を伸ばす筋肉ですので、ジャンプや ダッシュするなどに
使われるのですが、逆に膝を曲げるときのブレーキ、クッションの役割も
持ちます。
10〜15歳くらいは成長期で、骨はどんどん伸びていくのですが
運動を一生懸命やっていると大腿四頭筋が張ってしまい柔軟に
伸び縮みしない状態ができていたりします。
そうするとひざ下の部分の骨(脛骨粗面)が引っ張られ炎症を起こし
痛みが出るのです。
これがオスグット・シュラッター病が成長痛とも言われる理由です。


オスグッド・シュラッター病(成長痛)の対処

強い痛みと炎症が出てしまっているときは安静にすることとよくアイシング
することが大切です。
最初の炎症がおさまったならば今度は大腿四頭筋の緊張を緩めるために
よくお風呂などで暖まってください。
それから太もものストレッチをよくしましょう。
ただし運動後にはアイシングをするようにしてください。


オスグッド・シュラッター病(成長痛)の治療

アトム接骨院では、低周波治療、超音波治療、超音波浴などにより
オスグット・シュラッター病の痛みと炎症を抑え、
マッサージで緊張している大腿四頭筋をほぐす治療を中心に行っております。
必要に応じて、オスグット・シュラッター用のサポーターを使用します。



肉離れ
肉離れは、
筋肉の表面の部分が裂けてしまったり、筋肉が断裂してしまう状態
のことです。

特に太ももの裏側のハムストリングとよばれる筋肉やふくらはぎの
腓腹筋という筋肉によく発生します。
ハムストリングやふくらはぎの腓腹筋は、身体の体重を支えるため
強い筋力を持っています。
肉離れは、これらの強い筋力を持つ脚の筋肉が収縮している際に自分が
出した筋力に耐え切れずに断裂を起こすことで発生します。


肉離れの症状

ハムストリングや腓腹筋の肉離れを起こすと、膝の曲げ伸ばしや
歩行時に痛みが出ます。
症状が重い場合、肉離れを起こした時は歩くことはおろかあまりの激痛に
身動きとれません。
また、症状が軽い場合でもしっかり安静にして治療しないと筋肉に腫れが残り、
完治に時間を要してしまいます。


肉離れの対処

肉離れを起こしたらまずはすぐにアイシングを行います。
RICE処置を行います。横になって安静にすること、患部を心臓より
高く挙げること、包帯等で圧迫しておくことで腫れを抑え、
痛みの引きを早めます。
初期の痛みが引いてきたら、今度は患部を暖め、血行をよくして回復を
促していきます。


肉離れの治療

アトム接骨院では低周波療法、干渉波療法、超音波療法、
ソーマダイン(微弱電流治療)
などをくみあわせ、血行促進と損傷部位の
治癒促進をおこないます。

また、包帯固定やテーピングを組み合わせて負荷の軽減を行っていきます。
初期の痛みが落ち着いたら血行促進とこわばった筋肉をほぐす為に
マッサージをしていきます。






各治療についての、患者様の体験談はコチラから


| 膝の靱帯損傷 | オスグッド | 肉離れ | 
 
浦和/接骨院 アトム接骨院 浦和駅東口徒歩3分 埼玉県さいたま市浦和区東高砂町5−2 飯田ビル1F
Copyright (C) 2008 アトム接骨院. All Rights Reserved.
さいたま市 浦和 接骨院 骨折 脱臼 捻挫 打撲 腰痛 肩こり 膝の痛み 交通事故 むちうち症 アトム接骨院